平屋住宅

HIRAYA

HIRAYA 平屋住宅

家族や友人が集う時も
ご夫婦で歩むこれからの人生も
その時々に色どりを添える「HIRAYA」

人生のどんな時でも愉しい住まい。テクノストラクチャーは家族構成や暮らし方、将来のライフプランに合わせてデザインすることで、平屋の魅力をさらに深めようと考えました。
どの部屋ともつながる平屋での暮らしは、その開放感あふれる空間が家族や友人が集う時間を愉しく、自然との触れ合いがお子さまの成長を豊かなものに。
ワンフロアで昇り降りのない暮らしは、ご夫婦にゆったりとした快適さを。移ろいゆく庭の四季とともに、ご家族のライフステージに合わせて暮らしを彩る「HIRAYA」をお届けします。

豊かに暮らしを愉しむ

うつろいゆく庭の景色とともに、ご家族のライフステージにあわせて暮らしを彩る「HIRAYA」をお届けします。

最高等級の耐震性能[耐震等級3相当]※

緻密な構造計算が証明する地震に強い家。 高耐久のテクノストラクチャー工法採用。

テクノストラクチャーは、木造住宅の要となる梁と接合部を鉄骨で徹底的に強化した工法です。住宅性能表示制度の「構造に関する性能」で、最高等級を取得できる耐震性を誇ります。

  • ※住宅性能表示で構造安全性能の等級3に適合するかどうか、パナソニックの構造計算によって確認した結果です。敷地条件やプランにより、等級が変わる場合があります。公式な性能評価には別途申請費用が必要となります。(地震保険で耐震等級割引優遇を受ける場合には性能評価が必要です。)
画像
震度7の実大振動実験

阪神・淡路大震災と同じ揺れにも耐えました。
テクノストラクチャーの耐震性能を把握するために、世界最大級の振動施設を持つ(財)原子力発電技術機構の多度津工学試験所にて、阪神・淡路大震災と同じデータを使い、実大振動実験を行いました。壁を減らすなど、仕様を変えて計5回実施した結果、全ての実験に耐え、耐震性の確かさが実証されました。 実験後の調査では、主要構造体、および接合金具の損傷や変形は見られませんでした。

次世代省エネ基準クリア

平成11年に全面的に改正された「次世代省エネルギー基準」では、日本全国の気候条件に応じてI~VIの地域に分け、その地域区分ごとに断熱や気密、日射遮蔽の基準値が示されています。この基準値は、それぞれの地域の気候に合った性能の住宅を建てる目安になります。
本基準の目的は、住まいの断熱・気密性能を上げ、冷暖房のエネルギー消費による熱負荷を、大幅に低減することです。「HIRAYA」は、基準となる性能を規定した「設計・施工の指針」に適合した住宅です。

全棟で気密測定を実施

気密測定とは、建物の隙間の量を測定する検査のことです。この測定によってC値(隙間相当面積)が分かります。C値とは、建物の床面積1㎡あたりの隙間面積を表す値で、この数値が小さいほど気密性が高い住宅といえます。
当社では全ての住宅で気密測定を実施し、気密性を確かめています。

信頼のパナソニックブランド※

信頼のパソニックビルダーズグループ パナソニック製品をトータル採用。

エコキュートのオール電化住宅+電気や水道の使用量を抑えた、省エネ設計のパナソニック設備を採用。
※窓サッシ・屋根材・クロス等、パナソニックで販売していない製品についてはパナソニック以外の製品が含まれます。

画像
電気や水道の使用量を抑えた省エネ設計の設備を採用

快適な暮らしを楽しみながら。しっかり省エネを実現。それは、CO2を減らして地球温暖化防止にも貢献できる暮らしです。心地よく暮らしながら、しっかりエコ。パナソニックビルダーズグループからのご提案です。

コンセプトプラン

これからの豊かな暮らしを実現する「HIRAYA」。 コンセプトプランをご提案します。

夫婦の暮らしを愉しむ

+DIY

夫婦の時間も、それぞれの時間も、じっくり愉しむ住まい。一緒に過ごす共有スペースとそれぞれの趣味スペースが、ふたりの心地よいひと時をつくります。バリアフリーにも配慮し、ゆったりと快適にくつろげます。

家族との触合いを愉しむ

+Play room

庭とつながる空間で、家族との時間が心地よい住まい。季節感あふれる庭を常に感じられる平屋。その庭と大開口でつながるウッドデッキは太陽の下に広がるセカンドリビングです。 内と外がゆるやかに交差することで、お子さまが自然と触れ合い、のびのびと成長できます

子どもの成長を愉しむ

+Play room

ライフステージに合わせて変化する住まい。コンパクトなワンフロアだから家族の気配が感じられ、豊かなコミュニケーションを育みます。またお子さまの成長に合わせて間取りも変わる住まいです。

テクノストラクチャー施工例

家づくりのアイディアいっぱい! 狭山中央展示場