工法の原則

住むほどに愛着がわく丈夫な家

日本の建築は、四季折々に変化する気候と風土に適応するべく鉄やコンクリートではなく木造の家造りが、古来より根付いてきました。 お住まいになる方が安心して長く世代を超えて住んでいただける注文住宅です。

住むほどに愛着がわく丈夫な家 屋根断熱 外張り断熱 べーパーバリア 通気胴縁 断熱サッシ 基礎断熱

外張り断熱

外張り断熱

外張り断熱とは、柱などの構造材の外側から取り付け、家全体を断熱材ですっぽりと覆う工法です。1棟丸ごと隙間なく覆うため、家中の温度差が小さくなり、天井・壁・床などが同じ温度になるので、冬でもスリッパなしで過ごしたくなる住宅になります。 構造材をベーパーバリアと断熱材で覆うため、湿気に強く、隙間もなく、構造材の腐朽の恐れも少なく、壁体内結露の防止効果も高く、高断熱・高耐久の家を実現します。

断熱工法の違い(充填断熱)

断熱工法の違い

災害にも耐え得る頑丈な基礎+断熱

災害にも耐え得る頑丈な基礎

軟弱地盤にも対応する耐圧ベタ基礎を標準採用し、布基礎をはるかに上回る強度を実現し、住宅建築で問題視されている建物の不同沈下を防ぎます。
基礎の内側にベーパーバリアと断熱材を施工することで、床下も湿気がこもらず室内と同様に快適な空間に保つことができます。 土台などの重要な部分がある床下に湿度の高い外気や冬の冷たい空気が入ることはないので、結露の発生を防ぐことができます。

屋根断熱

屋根断熱

一般的には天井裏に断熱材を敷き詰める天井断熱を採用します。
当社の健康住宅では、屋根自体を断熱する屋根断熱を採用しております。
屋根裏の温度・湿度もお部屋と同じ環境となり、勾配天井のある空間や小屋裏収納を造ることができ、有効空間を増やすことができます。

高気密の重要性

アップルホームの健康住宅は高気密の家。
いくら家を断熱材で包んで熱の出入りを防いでも「すき間」があればそこから外気が入りこんできます。住宅の気密性能を図る指針として「相当隙間面積(C値)」というものがあります。

高気密の重要性

実際に建物にある隙間の面積を調べるのではなく、建物を密閉した状態で強制的に送風機で中の空気を押し出し、どれくらいの空気が入ってくるのかを測定します。数値が低いほど、隙間面積が小さく機密性能が高いことを表します。アップルホームでは、この機密測定を全棟実施しています。
当社の気密断熱性能は次世代省エネ基準を大きく上回る性能を発揮しております。 気密性については次世代省エネ基準値Ⅳ地域(埼玉県に多い基準値)の10倍優れていると言えます。

いくら家を断熱材で包んで熱の出入りを防いでも「すき間」があればそこから外気が入りこんできます。住宅の気密性能を図る指針として「相当隙間面積(C値)」というものがあります。

高気密の重要性

ベーパーバリア

外張り断熱

日本語で直訳すると「湿気の防御壁」。 名前の表すとおり、外の湿気を遮断する重要な役割を果たし、室内の気密を取る役割も果たします。
躯体(柱などの木材)の外側に施工することで、躯体は湿気にさらされることなく安定した構造体になります。
壁体内結露を防ぐため、なくてはならないものです。

通気胴縁

通気胴縁

太陽が当たり屋根や外壁の温度を上昇させますが、通気層をとって屋根の棟換気から空気を流すことで断熱性能を維持し、家の寿命を延ばします。
また、湿気を溜まらないようにする役目もあります。

断熱サッシ(Low-Eガラス)

通気胴縁

開口部から熱の出入りを最小限にするために、断熱サッシとLow-Eの複層ガラスで断熱遮音性能を高めます。ガラスに吹き付けた特殊金属皮膜が、夏の窓から入ってくる太陽熱・紫外線を大幅にカットし遮熱性能を発揮します。
また、冬の寒さには高い断熱性能で、室内の暖房熱を逃さず、室外からの冷放射をカット致します。

健康住宅施工例

家づくりのアイディアいっぱい! 狭山中央展示場